2015年3月25日

株式会社ビズリーチ

PDFファイルで表示

平均年収974万円の30代以上が推薦する「20代で読むべき本」ベスト5は
『7つの習慣』『マネジメント』『人を動かす』『ザ・ゴール』『論語』

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎)が運営する20代向けレコメンド型転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」は、30代以上の一般ビジネスパーソン1,459人(平均年収974万円)を対象に「20代のうちに読むべき本」についてのアンケートを実施しました。結果は以下のとおりです。

Q:20代のうちに読むべき本を最大3冊教えてください。

タイトル 著者
1 7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー
2 マネジメント ピーター・F・ドラッカー
3 人を動かす デール・カーネギー
4 ザ・ゴール エリヤフ・ゴールドラット
5 論語 孔子
6 道は開ける デール・カーネギー
7 ビジョナリーカンパニー ジム・コリンズ、ジェリー・I・ポラス
8 孫子の兵法 守屋洋
9 思考は現実化する ナポレオン・ヒル
10 孫子 孫武
10 三国志 陳寿
10 企業参謀 大前研一
13 坂の上の雲 司馬遼太郎
13 生き方 稲盛和夫
13 失敗の本質 戸部良一、寺本義也、鎌田伸一、杉之尾孝生、村井友秀、野中郁次郎
16 道をひらく 松下幸之助
17 竜馬がゆく 司馬遼太郎
17 嫌われる勇気 岸見一郎、古賀史健
17 ロジカルシンキング 照屋華子、 岡田恵子
17 リーダーシップ論 ジョン・P・コッター

株式会社ビズリーチ 執行役員兼キャリアカンパニーCEO多田洋祐のコメント

「自身を高めるための考え方を示した名著や、マネジメントや人と仕事をする際の原則論などビジネスの本質を学べるベストセラーが選ばれました。なかでも興味深かったのは、上位20位に歴史書や歴史にもとづく小説、哲学・思想書が数多くランクインしたことです。人間関係、戦略、志や仲間の大切さなど、過去から普遍的に学べると考える人が多くいることがわかりました。新年度が始まる今、自身の視野を広げるために、ビジネスの先輩からの推薦書を20代の方々に読んでもらえたらうれしいです」

選んだ理由(主な回答をそのまま抜粋)

1位『7つの習慣』
・個を高めるための総合的な参考書の中で一番お薦め。(40代男性)
・よい人生を送るための一番の方法だと思う。(30代男性)
・幅広い内容になっているので、じっくり読んで自分と比較するにはとてもよい。(40代男性)
2位『マネジメント』
・マネジメントの本質が理解できる。(40代男性)
・組織・社会における自分の振る舞いを考え、応用できる気付きがまとまっている。(40代男性)
・上司の苦労が理解できる。(40代男性)
3位『人を動かす』
・ビジネスは人との繋がりであり、人と接する際の普遍的なあり方を示している。(30代男性)
・テクニックではなく、人と仕事をする際の原則論を知れる。(30代男性)
・経営者が人を動かすにはどのように考えるか、行動するかが具体的に書かれている。(40代男性)
4位『ザ・ゴール』
・PDCAの重要性が理解できる。プロジェクト管理から生産管理まで応用できる。(50代男性)
・仕事に対する勇気と改革の重要性が分かる。(40代女性)
5位『論語』
・社会と個人がどう関わっていくべきかがよく示されている。(50代男性)
・ビジネスマンには道徳が必要なため。人の心は普遍であることを気づいてほしい。(40代男性)
6位『道は開ける』
・人生を自ら切り開く上で重要なヒントが数多く書かれている。(50代男性)
・心が折れそうになったときに勇気が出る。ポジティブな考え方が身に付く。(50代女性)
7位『ビジョナリーカンパニー』
・将来、自分が目指すべき組織について考えるきっかけとなる。(50代男性)
・会社組織とはこうあるべき、ということがわかる。(40代男性)
8位『孫子の兵法』
・利害関係者に囲まれた組織内での処世術の参考になる。(40代女性)
・仕事だけでなく、人としての能力も向上できる。また、経営者が読んでいることが多く、話題にもついていけ、上司からの反応がよい。(30代男性)
9位『思考は現実化する』
・思考が現実化することが真実であることが認識できる。(50代男性)
・成功者の行動原理を理解できる。人間の脳についての理解は将来の飛躍に必要。(40代男性)
10位『孫子』
・ビジネス戦略の基本的な考え方が身につく。現代の組織行動決定でも十分使える。(50代男性)
・ビジネス上でも人間関係上でも大事なことが羅列されている。(40代男性)
10位『三国志』
・現代と変わらない真理がある。人間関係、戦略、友情などあらゆる分野で参考になる。(40代男性)
・ゲーム感覚で思考の幅を広げることができる。(50代男性)
10位『企業参謀』
・企業の戦略を丁寧に説明してある。また、経営者的視点で物を理解できる。(50代男性)
・基本的な論理思考を学ぶことができる。(40代男性)
13位『坂の上の雲』
・高い志をもつことの大切さを理解できる。(40代男性)
・日本の危機に対してどのように立ち向かったか、仕事の進め方の手本となる。(50代男性)
13位『生き方』
・目先の損得にとらわれない生き方を考えるきっかけとなる。(50代男性)
・京セラやJALを盛り上げた人の考え方は、役に立つ。何が大切かを教えてくれる。(50代男性)
13位『失敗の本質』
・敗戦から学ぶ。ビジネスも戦争も共通点がある。(50代男性)
・有効だった組織でも硬直化していくので、変革を要することを理解できる。(40代男性)
16位『道をひらく』
・働くこと、生きることの基本、重要なことを教えてくれる。(50代男性)
・類まれな経営者の機微に触れることで当たり前のことの尊さを知れる。(50代男性)
17位『竜馬がゆく』
・意志の大切さ、行動する力、仲間のありがたさを学べる。(40代男性)
・時代が変わりゆく時のそれぞれの役割や流れがビジネスと重なる。(50代男性)
17位『嫌われる勇気』
・過去に縛られてくよくよする時間の浪費を極力防ぐ思考を身に付けられる。(30代男性)
・行動する際の自身のあり方を確立するための考え方を学べる。(30代男性)
17位『ロジカルシンキング』
・仕事で成果を出すための「聴き方」を学べる。(30代男性)
・ロジカルシンキングは考え方の基本。自身の理解度アップと伝え方を学べる。(50代男性)
17位『リーダーシップ論』
・高い視点で物事をとらえることができる(30代男性)
・仕事で最も必要なことはリーダーシップ。リスクを取る行動の大切さを学べる。(40代男性)

調査概要

  • ・実施期間:2015年1月19日~1月22日
  • ・対象:ビズリーチ会員の30代以上のビジネスパーソン: 1,459名
  • ・年齢: 30代:17% 40代:37% 50代:37% 60代以上:9%
  • ・男女比:男性:90% 女性:10%
  • ・平均年収:974万円

20代向けレコメンド型転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」について

「careertrek(キャリアトレック)」は20代向けレコメンド型転職サイトです。求人検索機能がなく、会員の基本情報とキャリア診断結果をもとに、似た傾向にある会員の応募動向やサイト利用動向を分析して求職者と企業をマッチング。使えば使うほどマッチング精度が高くなるレコメンド機能を搭載しています。キャリア年数が少ない20代は、どのような仕事に向いているのか、どのような仕事をしたいのかが定まらないまま、限られた選択肢から転職先を決めることが多いといわれます。そこで、キャリアトレックでは、レコメンドに特化し、多くの選択肢から求人を探せるようにしました。会員数10万人以上、掲載求人数22,000件以上、利用企業数2,400社以上、利用ヘッドハンター550人以上。2014年11月にはiOS版アプリをリリース。このアプリでは、毎日最大10社の企業情報を人工知能がレコメンドし、求職者が気になる企業を直感的に選ぶことで翌日以降レコメンドの精度がさらに向上します。通勤などの隙間時間に気軽に使える機能で、いつでもどこでも効率的な「スマホ転職」が可能です。

キャリアトレック
キャリアトレック(careertrek)
サービス名 キャリアトレック(careertrek)
公開日
  • PC版 2014年4月21日 グランドオープン
  • iOS版 2014年11月26日
  • Android版2015年1月21日
URL
対応機種
  • ・iOS版:iPhone 4以降(いずれもiOS 7.0以降)
  • ・Android版:Android4以降
ダウンロード方法
  • ・iOS版:「App Store」を選択→「careertrek」を検索
  • ・Android版:「Google Play」を選択→「キャリアトレック」を検索
配信地域 日本
対応言語 日本語
利用料金 無料

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ビズリーチ 広報担当
東京都渋谷区渋谷2-15-1
お問い合せはこちら

過去のプレスリリース

お知らせ

メディア掲載実績