2018年5月31日

株式会社ビズリーチ

PDFファイルで表示

IT人材不足で「ブロックチェーン」求人数 前年比4.2倍
「AI」関連「IoT/M2M」「自動運転」「フィンテック」も2倍
「IoT/M2M」の最高提示年収は4,600万円
求人検索エンジン「スタンバイ」による求人動向調査

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南壮一郎)が運営する求人検索エンジン「スタンバイ」はIT関連求人の動向調査を実施しました。「スタンバイ」に掲載される求人を対象に、IT関連の技術や概念、職種などのキーワードについて調査したところ、2018年4月に同サイトに掲載された全求人840万件のうち、求人のなかに「ブロックチェーン」の単語を含む求人は前年同月比4.2倍に増加していることがわかりました。また、「AI/人工知能/機械学習」「IoT/M2M」「自動運転」「フィンテック/FinTech」「サイバーセキュリティ」のいずれかの単語を含む求人数はそれぞれ2倍以上でした。さらに、求人のなかで提示された最高年収を見ると、「IoT/M2M」で4,600万円、「AI/人工知能/機械学習」と「フィンテック/FinTech」で4,000万円、「データサイエンティスト」「ビッグデータ」「情報セキュリティ」で3,900万円、「サイバーセキュリティ」で3,000万円となっています。この結果から、先端IT人材の人手不足によるニーズの高さがうかがえます。
※本調査結果を引用する際は【求人検索エンジン「スタンバイ」調べ】とご記載ください。

「スタンバイ」掲載の求人のうち以下の単語を含む求人の前年比(求人数)・求人件数・最高提示年収

求人に含まれる単語 前年比(求人数) 求人件数 最高提示年収
ブロックチェーン 4.2倍 1,099件 2,200万円
AI/人工知能/機械学習 2.2倍 19,959件 4,000万円
IoT/M2M 2.1倍 17,660件 4,600万円
自動運転 2倍 5,806件 2,100万円
フィンテック/FinTech 2倍 3,459件 4,000万円
サイバーセキュリティ 2倍 1,481件 3,000万円
ロボット工学/ロボティクス 1.8倍 1,372件 2,500万円
AR/VR/拡張現実/仮想現実 1.6倍 5,178件 2,499万円
データサイエンティスト 1.6倍 3,136件 3,900万円
データアナリスト 1.5倍 1,380件 2,000万円
ビッグデータ 1.4倍 8,202件 3,900万円
情報セキュリティ 1.4倍 4,838件 3,900万円
画像技術/画像処理/コンピュータビジョン 1.2倍 8,495件 2,000万円

※求人件数と最高提示年収は2018年4月現在の数字 ※「/」はいずれか一単語を含む求人

「ブロックチェーン」:仮想通貨、新規事業立ち上げ関連の求人など

「スタンバイ」における求人掲載が前年同月比4.2倍だった「ブロックチェーン」は、IDC Japanによると、国内ブロックチェーン関連ソリューション市場の2016年から2021年の年間平均成長率は133%で2021年の市場規模は298億円になると予測されており(注1)、市場が急成長するなか、求人も急増しています。「スタンバイ」におけるブロックチェーンの求人を見ると、IT企業、大手通信会社などで、仮想通貨関連のほか、新規事業立ち上げに関する求人が目立ちます。

「AI/人工知能/機械学習」:IT企業やメーカーでエンジニア、研究員、コンサル営業など

EY総合研究所の2015年の調査では、AI関連産業の市場規模(AIを活用した機器、システム等の国内さまざまな産業分野での市場規模)は、2015年の3.7兆円から2030年に約87兆円に成長すると予想されており(注2)、市場が急成長するなか、求人も増加しています。「スタンバイ」における「AI/人工知能/機械学習」の求人を見ると、IT企業やメーカーをはじめ、広告業界、教育業界など募集企業の業界は多岐にわたり、エンジニア、研究員、コンサルティング営業など幅広い職種の求人が掲載されています。

「IoT/M2M」:幅広い業界でエンジニア、コンサルタント、事業・商品企画、営業など

IDC Japanによると、国内のIoT(モノのインターネット:Internet of Things)市場におけるユーザー支出額は、2017年の6.2兆円から2022年に12.4兆円に成長すると予測されています。なかでも2017年に市場規模が大きかったのは、組み立て製造、プロセス製造、官公庁、公共/公益、クロスインダストリーでした(注3)。2021年から2022年には、住宅内の家電製品や空調の利用効率を向上させる「スマートホーム」関連の市場が伸び、一般消費者に向けたIoT市場が急成長すると予想されており、今後IoT/M2Mの求人はますます急増すると思われます。「スタンバイ」におけるIoT/M2Mの求人は、前年同月比2.1倍で、メーカー、IT企業、携帯キャリア、タクシー会社、コンサルティング会社をはじめ幅広い業界で、職種もエンジニア、コンサルタント、事業・商品企画、営業など多岐にわたります。

「自動運転」:自動車関連メーカーのエンジニア、製造責任者など

ボストン コンサルティング グループによると、レベル4・5の自動運転車は、2030年に世界の新車販売台数(乗用車)の1割になると予想されており(注4)、今後10年から15年で加速し、自動車業界の収益構造を大きく変化させると考えられています。「スタンバイ」における自動運転の求人は、前年同月比2倍で、自動車関連メーカーのシステム開発エンジニア、テストエンジニア、製造責任者などがあり、今後も急増すると予想されます。

「フィンテック/FinTech」:金融機関、IT企業などでエンジニア、事業企画、コンサル営業など

矢野経済研究所によると、国内のFinTech(フィンテック)市場規模は2015年度の48.8億円から2021年度には808億円に成長すると予測されています(注5)。「スタンバイ」におけるフィンテック/FinTechの求人も前年同月比2倍に増加しており、金融機関、IT企業、コンサルティング会社などのエンジニア、事業企画、コンサルティング営業、グローバル職など多岐にわたります。

「サイバーセキュリティ」:2020年に向けて求人ニーズが高まる

富士経済によると、2020年のセキュリティ関連市場は、2016年比18.1%増の5,577億円と予測されています(注6)。日本政府は、2020年に向けて、今後3年間の政府目標となる「次期サイバーセキュリティ戦略」において、サイバー防衛体制の整備および対策を強化する方針を示しており、今後、サイバーセキュリティ人材のニーズがさらに高まると予想されます。「スタンバイ」におけるサイバーセキュリティの求人は、前年同月比2倍で、金融機関、保険会社、監査法人、コンサルティング会社、自動車メーカー、IT企業などのサイバーセキュリティ担当、コンサルタント、営業、自動車におけるサイバーセキュリティ技術開発などがあります。経済産業省によると、情報セキュリティ人材は、現在約28万人で、不足数は現在の約13万人から2020年には約19万人に拡大すると予想しており(注7)、今後求人はますます増加すると思われます。

IT需要の拡大に伴い、IT人材の求人数の増加、人材不足、給与の高騰が進むと予想

日本では各業界で大型のIT関連投資が続き、情報セキュリティのニーズが増加すると同時に、ブロックチェーン、AI、IoT、ビッグデータなどの新技術の登場により、IT人材不足が深刻化しています。今後ますますIT需要が拡大する一方、労働力人口の減少が見込まれるなか、IT人材の求人数増加と人材不足、給与の高騰は進むと予想されます。

(注1)IDC Japan「国内ブロックチェーン関連市場予測を発表」(2017年6月)
https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20170613Apr.html

(注2)EY総合研究所「人工知能が経営にもたらす「創造」と「破壊」(2015年9月)
https://www.shinnihon.or.jp/shinnihon-library/publications/issue/eyi/knowledge/fsi/2015-09-15.html

(注3)IDC Japan「国内IoT市場ユースケース(用途)別/産業分野別予測を発表」(2018年3月)
https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20180314Apr.html

(注4)ボストンコンサルティンググループ「自動車業界の将来の構造変化に関する調査」(2018年1月)
https://www.bcg.com/ja-jp/d/press/11january2018-automotive-profit-pools-180934

(注5)矢野経済研究所「国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査を実施」(2017年2月)
https://www.yano.co.jp/press/press.php/001651

(注6)富士経済「2017セキュリティ関連市場の将来展望」(2017年11月)
http://www.group.fuji-keizai.co.jp/press/pdf/171102_17105.pdf

(注7)経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(2016年6月)
http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002-7.pdf

【調査概要】

  • 調査日: 2018年4月30日(比較データの調査日は2017年4月30日)
  • 調査日時点で、複数の求人情報サイト、企業の求人ページ、ハローワーク等に掲載されている求人(全840万件)を対象に、求人のタイトルまたは本文に調査した単語を含む求人数が1,000件以上のものを集計(比較した前年同日の調査対象求人は704万件)

求人検索エンジン「スタンバイ」について

「スタンバイ」は、正社員、アルバイト・パート、派遣社員など、国内の全業種・全職種・全雇用形態を対象に、職種・業種などの「キーワード」や「勤務地」を指定し、複数の求人情報サイト、企業サイト、ハローワーク等の800万件以上の求人を一括で検索できるサービスです。全雇用形態を対象にしているため、自分に合った仕事を効率的に探せます。参照URL:https://jp.stanby.com/

サービス名 スタンバイ
URL パソコン/スマートフォン ブラウザ版
https://jp.stanby.com/
アプリダウンロード方法

・iOS版:「App Store」を選択→「スタンバイ」を検索
・Android版:「Google Play」を選択→「スタンバイ」を検索

対応機種・ブラウザ

<アプリ>
・iOS版:iOS 9.0以降
・Android版:Android 4.1以降
<ブラウザ版>
・Microsoft Edge(最新)、Internet Explorer 10以上、Apple Safari(最新)、Mozilla Firefox(最新)、Google Chrome(最新)

配信地域 日本
対応言語 日本語
利用料金 無料

株式会社ビズリーチについて

「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」をミッションとし、2009年4月より、人材領域を中心としたインターネットサービスを運営するHRテック・ベンチャー。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡、シンガポールに拠点を持ち、従業員数は1,202名(2018年5月現在)。即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や、挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」、AI技術を活用した戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」、求人検索エンジン「スタンバイ」、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」などを展開。

参照URL:https://www.bizreach.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ビズリーチ 広報担当
東京都渋谷区渋谷2-15-1
お問い合せはこちら

過去のプレスリリース

お知らせ

メディア掲載実績