テクノロジー Technology

機械学習やデータマイニングなど、AI室が取り組む研究開発内容をご紹介します。

菅谷信介 / 株式会社ビズリーチAI室 シニアフェロー コメント

菅谷信介 / 株式会社ビズリーチAI室 シニアフェロー

HRテクノロジー領域でサービスを展開する当社では、各サービスを横断して機械学習やAIについて研究をする「AI室」を設けています。ビズリーチでは、HR領域における求人票、職務経歴書など、情報をテキスト化、データ化したものが多く扱われています。今までの機械では、文字列は理解できても、その「意味」までは理解できていませんでした。

しかし、AIや機械学習の爆発的な進化により、真の意味で人と情報を適切にマッチングできる時代が到来しつつあります。HRテクノロジーの領域で自然言語処理を研究するうえで、単語ベクトルは不可欠なものです。

このたび、HR領域における単語ベクトルを公開することで、他の研究者からフィードバックをいただき、HRテクノロジー領域における研究を加速させていきたいと考えています。

AI室について

ビズリーチは、2016年からAI室を設けています。AI室の役割は、機械学習、データマイニングの最先端を追求する研究開発を土台とし、これらの技術を事業に生かせる形で用意していくことです。事業会社である以上、利益を創出しながらも、新たな技術を用いた挑戦の中核を担っています。また、AI室からはApacheコミッターが2人も誕生しています。